新規トーナメント主催者インタビュー ミュゼプラチナムオープン ゴルフトーナメント

tn2015_02_01 大会会長
株式会社ジンコーポレーション
代表取締役社長 髙橋 仁氏



「美しき男たちの戦い」を掲げ、知名度アップとゴルフ業界の活性を担う

― 数あるスポーツの中で、ゴルフをそれも男子ゴルフのトーナメントを主催された理由はなんでしょう

弊社の認知度を調べると、女性からの認知度が90%であるのに対し、男性からの認知度はおそらく10%程度です。男子ゴルフをサポートすることで、ミュゼプラチナムが美容脱毛の会社だということを知って頂き、男性に対しての弊社の認知度をもう一段階上げられるのではと考えました。
また、数あるスポーツの中からゴルフを選択した理由は、ゴルフは日本各地でトーナメントが開催される全国規模のスポーツでギャラリーも全国から集まるからです。弊社は全国に店舗を展開しているので、全国規模のゴルフはPRの意味でも最適だったのです。
それに、私自身がゴルフを始めた頃はゴルフ業界が盛り上がっている時期でした。だからこそ、元気のない今の男子ツアーをサポートしたい、活気のあるゴルフ業界を取り戻す手助けがしたいと考えました。

― 大会のキャッチコピーは「美しき男たちの戦い」ですが、大会のコンセプトはどのようなものでしょうか

大会の基本コンセプトは、「女性に優しい男子ツアー」です。トーナメント会場にはご家族連れやご夫婦、カップルなど様々なギャラリーが来場されるため、女性のお客様あっての弊社だからこそ出来る「おもてなし」は何だろうと考えました。そこで、女性と中学生以下の入場無料や、女性専用シートやパウダールームを設置しました。また、日焼け後のお肌のケアにもなる弊社コスメ商品の「ミルクローション」をギャラリーの皆様全員にプレゼントした他、所属プロによる女性限定レッスンやジュニアレッスンも行いました。
弊社では社会貢献活動として、ピンクリボン活動を推進しています。男子ゴルフトーナメントでは初となる、ミュゼプラチナムのオリジナルラッピングをしたピンク色の検診車両にて乳がんの無料検診を実施し、会場に募金箱も設置しました。 どうしたらギャラリーの皆様に喜んでいただけるか、会場へ足を運んで頂けるか、弊社の女性スタッフが中心となり、幾度となくミーティングを重ね当日を迎えました。

― 大会4日間を通じて連日朝7時から競技終了まで、盛りだくさんのプログラムでネット中継されていました

トーナメントは、生で視聴してこその面白さ、臨場感があると思っています。編集なしの完全生中継で最初から最後まで見たい、出来るだけ多くの選手を観戦したいという想いがありました。インターネット中継は地上波に比べて低コストで運営できます。今後、トーナメントを主催する企業を増やすには、ローコストで運営できる新しいモデルを構築しなければなりません。弊社がその一端を担えればと思っています。
今後は、インターネットの特性を活かし、ゴルフの面白さをより多くの人に届けていけたらと思っています。

― 実際に大会を開催されて、手応えはいかがでしたか

お越し頂いたギャラリーの皆様が、笑顔だったことが印象的です。それに、女性の入場を無料としたことで、興味はあるけれどなかなかゴルフに触れることができなかった女性が沢山ご来場されていたようです。女性専用シート、乳がん無料検診、女性限定レッスン会、来場者プレゼントなど、今までのトーナメントでは考えられないくらい女性に優しい企画が盛り沢山だったという嬉しいお言葉も届いています。実際の来場者も他の大会と比べて女性の比率が高かったとの報告も受けています。
女性に優しいトーナメントというコンセプトでしたが、性別問わず皆様にはお楽しみいただけたようで嬉しく感じています。

― 来年以降、次大会への課題や抱負などがありましたら、お聞かせください

今大会は選手の皆さんの頑張りはもちろんの事、大会運営に携わったスタッフや、応援して頂いたギャラリーの皆様の御陰で成功を収めることができました。
弊社は女性向けのサービスを中心にグループ全体の事業を進めておりますので、次大会においても他のゴルフトーナメントと比べて、より女性を意識した大会にしていきたいと思っています。
第1回ということもあり、改善点は多くありますが、男女を問わずより多くのギャラリーの皆様に応援して頂く為にも、ギャラリーバスを増便してより交通の利便性を上げていく事など、更にきめ細やかな対応をしていきたいと思っています。
その他、白熱の試合が見られる環境も一層整えて、第1回よりも良くなったと言って頂ける大会にしていきたいと考えております。