GreenKeeper’s Voice 2016-07

08 7月最終週の大会を待つ18番ホール

鳴沢ゴルフ倶楽部で昨年より7月最終週に大東建託いい部屋ネットレディスが開催されています。洋芝コースの当倶楽部ですが、昨年は、冬場の凍害が激しく、3月から6月下旬まで張替え、播種を繰り返し何とかトーナメントまでこぎつけられました。結果としてはたくさんの方々から評価して頂き安心しましたが、私の見解では6割程の出来だと思っています。

コース課スタッフもまだまだ力を出し切れなかった感がありました。今年は暖冬にも助けられ、凍害、雪腐れ病の被害が少なくスムーズに作業が進んでいます。昨年の経験を糧にスタッフ一同、更にいいものをつくり提供したいと必死に頑張っています。

私の誇れるスタッフ達にいつも感謝です。私の先生でもある隨縁統括グリーンキーパーの渡辺氏はいつも、「お客樣が第一、お客樣の目線で作業を計画しなさい」と、教わってきました。

その意味が分かるようになってきました。毎日がいい状態でプレーしてもらいトーナメントコースでプレーする優越感と期待感に応えていくコースを提供し、いつも見られているという意識をしっかりもってコースを作る事を心掛けています。

鳴沢ゴルフ俱楽部 グリーンキーパー
三浦 正人