LPGAリランキングについて

リランキング制度導入元年。
LPGAツアーはどの様に変わったか?

2018年からLPGAは、シーズン途中にシード選手以外の選手の順位を並び替える「リランキング制度」を導入した。これによってツアーはどのように変化しただろうか。2017年と、2回のリランキングが実施された2018年の結果を比較し、検証してみた。

表1 2018年LPGAツアーリランキングスケジュール

スケジュール

LPGAスター有資格

ファイナルQT実施

3月:ダイキンオーキッドレディス

6月:アース・モンダミンカップ

・シード選手(約50名)
・17賞金シード次点(5名)
・17ステップ・アップ・ツアー1位(1名)
・QTランキング上位者

第1回リランキング実施

7月:ニッポンハムレディスクラシック

9月:ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン

・シード選手(約50名)
・第1回リランキング上位者

第2回リランキング実施

10月:スタンレーレディスゴルフトーナメント

11月:大王製紙エリエールレディスオープン

・シード選手(約50名)
・第2回リランキング上位者

リランキング制度とは

2018年から導入されたLPGAリランキング制度は、シーズン途中に、シード選手以外のTP(トーナメントプレーヤー)登録者を、賞金ランキング上位順に並び替え(リランキング)、翌々週の試合からそのリストに基づき出場資格を与えるというもの(表1参照)。

2018年のリランキングはシーズン中に2回実施され、第1回は6月のアース・モンダミンカップ終了後に実施し、ニッポンハムレディスクラシックより出場資格を付与。第2回は9月のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン終了後に行われ、スタンレーレディスより出場資格が付与された。

QTだけではなくなった

2017年ツアーは前年12月に行われるQT(クォリファイリング・トーナメント)の結果をもって、「出場優先順位」を決定し、その順位はシーズンを通して変動することはなかった。つまり、このQTに失敗するとそのシーズンは出場機会が減り、成績を伸ばすことができない1年間となっていたが、2018年ツアーからは2回のリランキングが実施されることになり、活躍次第では復活の可能性がでてきた。

では、どうなったのか。優先出場順位でレギュラーツアー出場の目安となる順位である「リランキング30位内の選手」の入れ替わりに焦点をあててみた。

QTランキングから第1回リランキングでは

結果は新垣比菜選手はじめ8名が30位圏外から順位をあげ、上位と入れ替わった。QTでの躓きを挽回した選手がそれだけいた、ということになる。特筆すべきは出場機会が少ないQTランキング117位だった原英莉花選手が、限られたチャンスを活かしリランキング28位へ大躍進したことだろう。これにより第2回リランキング実施までの試合はほとんど出場ができるようになった。反面、リランキング下位へ順位を落した選手もいたことになる。QTランキング1位だった髙橋恵選手は思うような活躍ができず、リランキング56位と下げ、出場機会を減らすことになった。

第1回から第2回リランキングでは

ダイナミックなショットでランキングを駆け上がった原英莉花選手

ダイナミックなショットで
ランキングを駆け上がった原英莉花選手

出場チャンスが増え、初優勝を手にした香妻琴乃選手

出場チャンスが増え、初優勝を手にした香妻琴乃選手

沖せいら選手をはじめとする3名が新たに30位内へランクインできた。終盤の試合へほぼ出場できるこの順位は、シード権獲得に向けて心強い。1位の小祝さくら選手から16位の原英莉花選手については、すでにシード権獲得が濃厚な活躍をし続けている。15位に入った香妻琴乃選手はQTランキング104位だったが、リランキングのたびに順位を上げ、チャンスが増えたことで、マンシングウェアレディース東海クラシックでの初優勝につなげることができたといえる。

多くの選手に復活のチャンス

2回のリランキングを終えた結果、30位内に入った選手の中に、QTランキング30位圏外だった選手が7名もいた(表2参照)。これはリランキングによって、QT下位からの挽回が叶った、といえる。コンスタントに好成績を残せる実力があれば、QTで失敗したとしてもリカバリーできることを現した。

トーナメントへ出場するための出場優先順位がこれまでのQT一発勝負とされていたものからリランキング制度になったことで、シーズンを通して幅広く多くの選手にチャンスが与えられたともいえる。レギュラーツアーを目指す選手にとって、そのシーズン内の活躍に応じて出場優先順位が変動することはモチベーションを向上させることに他ならないだろう。それこそがツアー全体の底上げとなり、選手間の競争力も自然と高まり、その先にあるツアー強化へもつながっていく。ゴルフファンにとっても、このようにレベルアップしていくツアーはより魅力的に映るはずだ。今季リランキング上位者が活躍したことは、多くの意味でこの導入が成功だったといえるだろう。

表2 リランキングで順位を伸ばしたQT下位の選手たち

選手名 QTランキング 第1回リランキング 第2回リランキング
新垣比菜 45位 2位 7位
木村彩子 47位 26位 12位
香妻琴乃 104位 55位 15位
原英莉花 117位 28位 16位
原江里菜 50位 13位 19位
石川明日香 36位 9位 23位
岩橋里衣 39位 23位 25位