2013 GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤー表彰式

tn20140306

フレッシュな笑顔でルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞を喜ぶ選手達

日本のゴルフ界を担う期待のルーキー、4人を表彰
松山英樹選手、川村昌弘選手、比嘉真美子選手、堀奈津佳選手が受賞

 昨年、目覚しい活躍を見せたルーキーたちの表彰式、GTPA懇親パーティが2月7日に都内ホテルで行われた。
 会場には300名を超える関係者、報道陣が詰めかけ、表彰式を見守った。メディア・広報委員会並びにノミネート委員会は松山英樹選手、川村昌弘選手、比嘉真美子選手、堀奈津佳選手の4名を新人賞に選出し表彰した。 川村選手と堀選手はそれぞれ受賞した後、司会者からインタビューを受けその中で川村選手はアジアを始めとする海外ツアーにも積極的に出場機会を求めていくことを力強く表明。堀選手は受賞を励みにまずは国内でしっかり力をつけると語った。海外ツアー転戦中の松山選手と海外で強化合宿中の比嘉選手はビデオメッセージという形で受賞の喜びを伝えた。
 今年も各主催者の方々をはじめトーナメント関連団体の会長や関係者が一堂に会してのGTPA懇親パーティとなった。パーティでは第50回大会となった「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の長きに亘る開催の功績を讃え、主催者である報知新聞社の表彰が行なわれた。
 また、選手会を代表して宮里優作副会長の挨拶も行われた。宮里選手は奇しくも50回の記念大会となった「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で感動の初優勝を飾っており、また2005年に横峯さくら選手とともにルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。挨拶では会場を埋め尽くしている主催者、ゴルフ業界関係者に向けてゴルフ界を支えてくれていることへの謝辞を述べ、引き続いての支援と協力を求めた。