海外トーナメント研修について

16report01

リオデジャネイロ五輪で112年振りにゴルフ競技が復活した今年、海外メジャー・準メジャー等の視察を通して日本国内のトーナメントをより活性化する事を目的とした企画「GTPA海外トーナメント研修」を2年振りに開催した。

研修日程

16回目となる今回の研修は、6月15日(水)~21日(火)の日程で、総勢9名の参加により、4大メジャートーナメントのひとつ「第116回 U.S.OPEN CHAMPIONSHIP」@オークモントカントリークラブにて実施した。

研修目的

世界最高峰と呼ばれる「全米オープン」の大会運営・設備・ホスピタリティ等を実際に生で体感し、またUSGAやTV関係者との現地ミーティングによってヒアリングした情報を、国内トーナメントの企画・運営の参考となる様フィードバックする事が目的である。
「全米オープン」は全米ゴルフ協会(USGA)が主催し、116回を数える歴史と伝統のある大会であり、世界のトッププレーヤー・最強アマチュアが集結して競われるそのコース選定は、狭いフェイウェイ・深いラフ・高速グリーンなどのハードセッティングで、まさに「最高峰の戦い」と呼ばれるにふさわしい厳しいものである。2016年開催のオークモントカントリークラブは戦う為に作られたゴルフ場で、全米オープンは過去最多9回目の開催であり、その他にも全米プロ3回、全米アマ5回、全米女子オープン2回が行われている難関コース。賞金総額1,000万ドル(約11億円)、優勝賞金180万ドル(約2億円)のビッグトーナメントを視察し、日本国内のゴルフトーナメント及びゴルフ界全体の改革・振興に寄与できる事を期待してレポートする。

また、今回の研修で現地ミーティングの場を作っていただきましたUSGAビジネス・アフェアー シニア・マネージング・ディレクター Sarar Hirshland様、テレビ朝日 スポーツ局スポーツセンター プロデューサー井上 亮様に、この場をお借りして御礼申し上げます。
一般社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
板野 隆志


GTPA海外トーナメント研修 参加者

西 英隆(団長)

札幌テレビ放送(株)

報道局スポーツ部マネージャー

福井 浩太郎

日本女子プロゴルフ協会

TPD事業部

椿 亮輔

日本テレビ放送網(株)

スポーツ局

首代 直樹

(株)ダンロップスポーツエンタープライズ

トーナメント事業部

岩崎 武士

(株)電通

スポーツ局スポーツ3部シニア・マネージャー

宮本 泰輔

(株)電通スポーツパートナーズ

ゴルフ業務部 ディレクター

橋本 祥

株式会社ジープラス

トーナメントナウ取材担当

板野 隆志

日本ゴルフトーナメント振興協会

総務・財務局長

渡辺 広人

通訳

 



GTPA海外トーナメント研修 東京版
U.S.オープン
     
  月日(曜) 地名 現地時間 交通機関 行程
1

6月15日(水)

成田発
シカゴ着
シカゴ発
ピッツバーグ着

10:45
08:45
10:40
13:09

NH12

UA5230

空路ピッツバーグへ

着後:ホテルチェックイン
<ピッツバーグ泊>

2

6月16日(木)

オークモントCC

<U.S.オープン 第1日目>
終日視察
<ピッツバーグ泊>

3

6月17日(金)

オークモントCC

<U.S.オープン 第2日目>
終日視察
<ピッツバーグ泊>

4

6月18日(土)

オークモントCC

<U.S.オープン 第3日目>
テレビ朝日 ミーティング
USGA ミーティング
<ピッツバーグ泊>

4

6月19日(日)

オークモントCC

<U.S.オープン 最終日>
終日視察
<ピッツバーグ泊>

5

6月20日(月)

ピッツバーグ発
シカゴ着
シカゴ発

13:45
14:20
17:25

UA5930

NH113

空路成田へ
6

6月21日(火)

成田着 20:20    
宿泊:Wyndham Grand Pittsburgh Downtown

目次  |  次のページへ→