ホーム > GTPAについて > ルーキー・オブ・ザ・イヤー

GTPAについて

GTPAについて

ルーキー・オブ・ザ・イヤー

2011年【 GTPA ルーキー・オブ・ザ・イヤー 】【 GTPA 特別賞 】表彰選手

日本ゴルフトーナメント振興協会では、1998年より、ゴルフトーナメント界の活性化のためには若手選手の育成が重要であると考え、『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』として、選考基準に該当するプロの中から同賞に最もふさわしいプロを選出、表彰し、その功績を讃えると共に更なる活躍を促しています。

●選考基準 
『男子はツアープロに転向してから、女子はプロテスト合格後またはプロテスト合格者以外ではじめにTPD登録をした者でそれぞれ「最長2シーズン以内(海外ツアーを含む)、但し初年度は全試合数の三分の一以内の出場であれば、その年は含まない」且つその年度の「来季」シード権獲得者の中から」、人格面並びにマナー、エチケット、将来性を加味して選考する。』




2011GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤー
黄 重坤選手
受賞者 黄 重坤(ハン ジュンゴン Jung-Gon HWANG)
プロフィール ●1992年05月16日生 19歳
●178cm  75kg
●韓国 (出身校:楽生高校)
●2009年10月29日 プロ転向
実績 ●獲得賞金総額
2011年度  35,774,105円/27位
2010年度  ツアー成績なし

●主な戦績(2010年度)
つるやオープン
〜全英への道〜 ミズノオープン
フジサンケイクラシック
コカ・コーラ東海クラシック
キヤノンオープン
ゴルフ日本シリーズ
15位T
優勝
11位T
13位T
7位T
7位T
18位T

●表彰理由
・ファイナルQT5位でツアーデビューし、8試合目でツアー初優勝。10代でのツアー優勝は石川遼選手に次ぐ史上2人目。
・初優勝のミズノオープンは最終組の石川遼、金庚泰、裴相文の賞金王を相手に堂々の逆転勝利。その後も安定した力を発揮し、デビュー年で賞金ランク27位という成績を残し、来季の更なる飛躍を予感させた。




■ 「GTPA特別賞」について
日本ゴルフトーナメント振興協会では、当該年度において、めざましい活躍とゴルフトーナメントの振興・発展に寄与された方を表彰しています。



2011GTPA特別賞
松山英樹選手
受賞者 松山 英樹 (マツヤマ ヒデキ)
プロフィール ●1992年02月25日生 19歳
●180cm  85kg
●愛媛県出身
(出身校:明徳義塾高校〜東北福祉大学2年)
実績 ●これまでの主な成績
2010 日本オープン  3位
2010-11 アジア・アマチュア選手権  2年連続優勝

●主な戦績(2010年度)
マスターズ(ローアマチュア)
サン・クロレラクラシック
日本オープン                
ダンロップフェニックス           
三井住友VISA太平洋マスターズ
ゴルフ日本シリーズ
27位
6位T
44位
43位T
優勝
21位

●表彰理由
・アジアアマチュア選手権優勝者としてメジャー初参加のマスターズでは日本人最年少で決勝Rに進出、27位でローアマに輝く。震災を乗越えての参加とその活躍は世界中を沸かせ、日本に勇気を与えた。そして、史上3人目のアマチュアのツアー優勝となった三井住友VISA太平洋マスターズでの戦いぶりはトーナメント界の振興と発展に大きな寄与と貢献をした。