ホーム > GTPAについて > ルーキー・オブ・ザ・イヤー

GTPAについて

GTPAについて

ルーキー・オブ・ザ・イヤー

2012年度【GTPA ルーキー・オブ・ザ・イヤー】表彰選手

日本ゴルフトーナメント振興協会では、1998年より、ゴルフトーナメント界の活性化のためには若手選手の育成が重要であると考え、『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』として、選考基準に該当するプロの中から同賞に最もふさわしいプロを選出、表彰し、その功績を讃えると共に更なる活躍を促しています。

●選考基準 
『男子はツアープロに転向してから、女子はプロテスト合格後またはプロテスト合格者以外ではじめにTPD登録をした者でそれぞれ「最長2シーズン以内(海外ツアーを含む)、但し初年度は全試合数の三分の一以内の出場であれば、その年は含まない」且つその年度の「来季」シード権獲得者の中から」、人格面並びにマナー、エチケット、将来性を加味して選考する。』

2012年度ルーキー・オブ・ザ・イヤーに藤本佳則選手、成田美寿々選手、斉藤愛璃選手が決定!

斉藤愛璃選手、藤本佳則選手、成田美寿々選手
ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた斉藤愛璃選手、藤本佳則選手、成田美寿々選手

 


藤本佳則選手
受賞者 藤本 佳則(フジモト ヨシノリ)
プロフィール ●1989年10月25日生 23歳
●165cm  68kg
●奈良県出身(出身校:東北福祉大学)
●2011年12月3日 ツアープレーヤー転向
実績 ●獲得賞金総額
2012年度 88,659,122円/5位

●主な戦績(2012年度)
東建ホームメイトカップ
とおとうみ浜松オープン
ダイヤモンドカップ
日本ゴルフツアー選手権
三井住友VISA太平洋マスターズ
カシオワールドオープンゴルフ
7位
2位
6位T
優勝
3位
3位T

●表彰理由
日本タイトルのツアー選手権での優勝は、開幕戦デビュー5戦目での初VでJGTO発足以来の最速Vタイ記録、本大会の最年少V、ルーキー年のメジャータイトル獲得は史上初などの記録となり、大きな話題となった。その後も優勝争いに加わり、ルーキー年で賞金ランク5位と大活躍した。


成田 美寿々選手
受賞者 成田 美寿々(ナリタ ミスズ)
プロフィール ●1992年10月8日生 20歳
●167cm  60kg
●千葉県出身(出身校:日本体育大学在学中)
●QT26位 TPD単年登録
実績 ●獲得賞金額
2012年度 31,771,558円/27位

●主な戦績(2012年度)
日医工女子オープン
CATLadies
ゴルフ5レディス
マンシングウエアレディース東海クラシック
富士通レディース
マスターズGCレディース
8位T
14位T
13位T
9位T
優勝
6位T

●表彰理由
日体大1年時にプロテスト合格ならず、QTに挑んだ結果の単年登録として参戦。富士通レディースでの5打差からの逆転優勝は20歳6日と史上6番目の年少記録となった。オリンピックでの金メダルが目標という成田選手のダイナミックなゴルフは、多くのゴルフファンの声援を受け、シーズンを通して安定した力を発揮している。


斉藤 愛璃選手
受賞者 斉藤 愛璃(サイトウ アイリ)
プロフィール ●1989年12月6日生 23歳
●神奈川県出身(出身校:神奈川県立厚木北高等学校)
●LPGA入会日 2011年8月1日
実績 ●獲得賞金額
2012年度 20,839,410円/44位

●主な戦績(2011年度)
ダイキンオーキッドレディス
ニチレイレディス
CATLadies
ニトリレディス
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン
マスターズGCレディース
優勝
37位T
7位T
38位T
15位T
33位T

●表彰理由
前年のプロテスト合格者が翌年の開幕戦で優勝するのはLPGAツアー史上初の快挙。プロ9試合目での初Vとなった斉藤選手は、実力者相手のプレーオフでの戦いぶりと笑顔で多くのゴルフファンを魅了した。以降、多くのファンを獲得し、ツアー開幕からの盛り上げとギャラリー動員に大いに貢献した。