2016 GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤー&特別賞

2016年【GTPA ルーキー・オブ・ザ・イヤー&特別賞】表彰選手

日本ゴルフトーナメント振興協会では、1998年より、ゴルフトーナメント界の活性化のためには若手選手の育成が重要であると考え、『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』として、選考基準に該当するプロの中から同賞に最もふさわしいプロを選出、表彰し、その功績を讃えると共に更なる活躍を促しています。

選考基準
『男子はツアープロに転向してから、女子はプロテスト合格後またはプロテスト合格者以外ではじめにTPD登録をした者でそれぞれ「最長2シーズン以内(海外ツアーを含む)、但し初年度は全試合数の三分の一以内の出場であれば、その年は含まない」且つその年度の「来季」シード権獲得者の中から」、人格面並びにマナー、エチケット、将来性を加味して選考する。』

2016年シーズンは堀 琴音選手、松森 彩夏選手、ささき しょうこ選手を選考いたしました。また、GTPA特別賞には畑岡奈紗さんを選考いたしました。


2016年度 GTPA ルーキー・オブ・ザ・イヤー 表彰選手
堀 琴音
受賞者 堀 琴音 (Kotone Hori)
プロフィール ●1996年3月3日生 20歳
●徳島県出身(出身校:滝川第二高等学校)
●LPGA入会期 2014年8月1日 86期生
実績 獲得賞金総額
2016年度  70,526,006円/ 11位

主な戦績(2016年度)
アクサレディスゴルフ 3位T
アース・モンダミンカップカップ 4位T
日本女子オープンゴルフ選手権競技 2位
富士通レディース 3位
TOTOジャパンクラシック 3位T
*優勝 0回 トップ10入り 8回

受賞理由
日本女子オープンなど今季は幾度も優勝争いを演じ、TOTOジャパンクラシックでは日米ツアーの並み居る強豪プロの中で日本選手最上位となる3位Tなど、抜群の安定感で賞金ランク11位となり、LPGAツアーチャンピオンシップにも出場した。
多くのファンが初優勝を待望する中、今後の更なる飛躍と活躍が期待される。


松森 彩夏
受賞者 松森 彩夏 (Ayaka Matsumori)
プロフィール ●1994年5月19日生 22歳
●東京都出身(出身校:日本大学高等学校)
●LPGA入会期 2013年8月2日 85期生
実績 獲得賞金総額
2016年度  52,084,177円/ 15位

主な戦績(2016年度)
ダイキンオーキッドレディス 3位T
フジサンケイレディスクラシック 7位T
スタンレーレディス 7位T
富士通レディース 優勝
NOBUTA GROUP
マスターズGCレディス
4位T
*優勝 1回 トップ10入り 6回

受賞理由
初優勝が目標という今季は、富士通レディースでは接戦の末に念願のツアー優勝を果たした。優勝争いに加わることも多く、賞金ランク15位となり、LPGAツアーチャンピオンシップにも出場した。
恵まれた体躯から繰り出すしなやかショットとプレースタイルは多くのファンを魅了し、今後の更なる活躍が期待される。


ささき しょうこ
受賞者 ささき しょうこ (Shoko Sasaki)
プロフィール ●1996年6月8日生 20歳
●兵庫県出身(出身校:クラーク記念国際高等学校)
●LPGA入会期 2015年8月1日 87期生
実績 獲得賞金総額
2016年度  34,166,289円/ 28位

主な戦績(2016年度)
Tポイントレディスゴルフ 11位T
サマンサタバサ ガールズコレクション 5位T
大東建託・いい部屋ネットレディス 優勝
樋口久子 三菱電機レディス 11位T
伊藤園レディス 10位T
*優勝 1回 トップ10入り 3回

受賞理由
今季QTランク36位でツアー出場し、昨年プロテスト合格者の中で一番乗りのツアー優勝を果たす。LPGAツアーチャンピオンシップにも出場した。
「いつかは世界へ行きたい」との目標を掲げ、大型ゴルファーとしての今後の更なる飛躍と活躍が期待される。

2016年度 GTPA 特別賞 表彰選手
畑岡 奈紗
受賞者 畑岡 奈紗 (Nasa Hataoka)
プロフィール ●1999年1月13日生 17歳
●茨城県出身(出身校:ルネサンス高等学校3年生)
●LPGA単年初登録日 2016年10月10日
実績 獲得賞金総額
2016年度  70,526,006円/ 11位

主な戦績(2016年度)
全米女子アマ ベスト8
IMGA世界ジュニア 優勝
ネイバーズトロフィー女子 2位(個人・団体)
日本女子アマ 2位
日本女子オープン 優勝
スタンレーレディス 4位T
伊藤園レディス 26位T
USLPGAファイナルQスクール 14位T

受賞理由
2016JGA女子ナショナルチームメンバーとして国内外の試合で大活躍し、日本女子オープンではアマチュア選手としてツアー優勝を果たし、17歳263日での国内メジャー制覇は従来の記録を大幅に更新する史上最年少優勝となった。
プロ宣言と米ツアー来季出場権獲得など、日本のゴルフ界に大きな話題を提供し、今後の一層の活躍が期待される。

ルーキー・オブ・ザ・イヤー 歴代受賞者

第21回(2018年度) 星野 陸也 小祝 さくら 勝 みなみ 松田 鈴英 新垣 比菜
第20回(2017年度) 任 成宰 川岸 史果 森田 遥 畑岡 奈紗 永井 花奈
第19回(2016年度) 堀 琴音 松森 彩夏 ささき しょうこ GTPA特別賞 畑岡 奈紗
第18回(2015年度) 今平 周吾 藤田 光里 GTPA特別賞 表 純子&表 広樹
第17回(2014年度) 渡邉 彩香 鈴木 愛 GTPA特別賞 勝 みなみ
第16回(2013年度) 松山 英樹 川村 昌弘 比嘉 真美子 堀 奈津佳
第15回(2012年度) 藤本佳則 成田美寿々 斉藤愛璃
第14回(2011年度) ハン・ジュンゴン、GTPA特別賞 松山英樹
第13回(2010年度) 薗田峻輔 藤本麻子
第12回(2009年度) 池田勇太 森田理香子
第11回(2008年度) 石川 遼 三塚優子 原 江里菜 服部真夕
第10回(2007年度) 李 丞鎬 上田桃子
第9回(2006年度) ドンファン 飯島茜・諸見里しのぶ
第8回(2005年度) 宮里優作 横峯さくら
第7回(2004年度) 谷口拓也 宮里 藍
第6回(2003年度) 谷原秀人 古閑美保
第5回(2002年度) 宮里聖志 高橋美保子
第4回(2001年度) 近藤智弘 山口裕子
第3回(2000年度) 今井克宗 藤野オリエ
第2回(1999年度) 野上貴夫 韓 煕圓・米山 みどり
第1回(1998年度) 小山内護 坂上晴美
ゴルファー・オブ・ザ・イヤー1994~1997年